So-net無料ブログ作成
検索選択
ゴルフ ブログトップ

本当にすごい、宮里藍選手 [ゴルフ]

日本女子オープン最終日、我ながら愚かと思いつつ、3時間ずーっと
TV見ていた。
本当に彼女は凄い。
言葉では言えないくらいのプレッシャーがあったはずなのに、4日間
完全優勝。
9H ボギー、10H ダボ、12H ボギーと来た時には、さすがの彼女も
崩れるのかと思ったが、踏みとどまり、16Hで決定的なバーディ

それでも優勝後のインタビューで「まだまだ要所要所でメンタルの弱さが・・・」と話していた。
負けて腐らず、勝って奢らず、試練を強さに結びつけ成長していく、宮里藍選手には完全に脱帽。

彼女が完全に満足するゴルフに達した時、どんなことになるのだろう?
神か、ゲームの世界でもなければできないと思われる54を達成するのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

さすが [ゴルフ]

NHKで、ゴルフを見ていた。

上位選手が難しいコースと風でスコアを崩す中で、攻めのゴルフと
キッチリとしたセービングで6打差のトップ。

インタビューでは、「6打差が命取りにならないようにしたい」と
気持ちを引き締めていた。

油断やプレッシャーに負けるとも思えず、彼女が大崩れすることはまず考えられない。
メジャー初制覇は見えたといってよいと思う。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宮里藍選手に思うこと [ゴルフ]

二日目を終わって、4打差の首位。
楽観はできないが、メジャー初制覇の可能性が高まってきた。

一・二日目共、ボギーで始まりながら巻き返した。
ミスをしてもズルズルと崩れていかない精神力の強さ。
ここ一番というところでキッチリ決めるところなど、王者の風格さえ
感じられる。
タイガー・ウッズを見てると同じものを感じる。
(もちろん現時点ではタイガーの方がずっとレベルは上だが)

それと共に思うのが、インタビュー・記者会見での彼女の姿。
話の内容、落ち着き、知性のある話し方を聞いていると、二十歳とは
思えない。
このあたりは卓球の福原愛選手にも言えるところだ。

翻って思い出すのが、二人の若者である。
一人は、ボクサーの亀田。
まあ彼の場合は売り出すために無理してキャラクターを演じていると思われる節もある。

もう一人は、名前を書く気も起こらない、26歳の衆院議員。
衆院議員としてはもちろん、26歳の大人としても失格であろう。
精神年齢は、おそらく高校生レベル以下ではあるまいか。
あれで、例えば、アメリカの上院議員と話をしたらどうなるのか?
日本の恥をさらすだけではないのかと思うと、本当に情けない。

若くても素晴らしい宮里藍選手と、恥ずかしい議員、この差はどこから
出たものであろうか?
もって生まれたものもあろうが、やはり親の教育も大きいだろうと思う。
親の顔が見たいという言葉、良くいったものだと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ゴルフ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。